ゲーム攻略

【Back 4 Blood】B4Bの序盤に効率よく攻略を進めるために必要な5つの項目について解説します!

どうも皆さま、やざわでございます。

今回はBack 4 Blood(バック・フォー・ブラッド)の序盤の進め方について解説します。

Back 4 Bloodにはステージやカード、クリーナーなど様々な要素が存在しますが、

これらをアンロックしていくことでB4Bをより一層楽しむことができるようになります。

しかしBack 4 Bloodを始めたばかりの状態では、これらのほとんどがロックされた状態で

好きなステージで遊んだり、色々なカードを組み合わせてビルドを組んだりすることができません。

まずはロック状態の要素をアンロックしていくことがB4B最初の目的となります。

アンロックを効率よく進めていく上で、最初に知っておくとお得な情報をいくつか紹介しますので、

ぜひ最後までご覧いただければと思います。

動画版

この記事を動画で見たいという方はこちらをどうぞ。

ソロキャンペーンについて

まず初めにソロキャンペーンについて解説します。

ソロキャンペーンはやってはいけません!

というのもソロキャンペーンでアンロックされるのはステージのみで、

カードやスキンのアンロックに必要な物資ポイントが獲得できないからです。

マルチプレイで行われるキャンペーンでもステージのアンロックはされます。

そのうえ物資ポイントも獲得できるので必ずキャンペーンを進めましょう。

ソロキャンペーンは一体なんのために存在しているのかというと、

おそらくステージの練習やカードの組み合わせを試すためのモードだと思われます。

ソロキャンペーンはすべてのカードがアンロックされた専用のデッキ編集をすることができるので、

作ったばかりのビルドをいきなりマルチプレイに持っていくのは不安というときに、

お試しする上級者用のモードだと思います。

クリーナーのアンロック

次にクリーナーのアンロックについてです。

Back 4 Bloodで最初に使えるクリーナーはエヴァンジェロ、ウォーカー、ホリー、マムの4人だけです。

残りの4人をアンロックするにはACT1-4(交差点)ステージをマルチプレイでクリアする必要があります。

チュートリアルの流れで「交差点ステージ」をクリアしてもクリーナーがアンロックされないので注意してください。

その場合、再度マルチプレイでクリアするとアンロックされます。

「交差点ステージ」だけクリアしてもアンロックされますので、「交差点ステージ」からスタートするキャンペーンを作成すると早いです。

カードのアンロック

次にカードのアンロックについてです。

マルチプレイのキャンペーンでステージをクリアすると物資ポイントがもらえます。

この物資ポイントを消費して供給ラインからアンロックすることができます。

最初の供給ライン「ショッピングモール」をすべてアンロックするのに115の物資ポイントが必要になります。

体力+15、弾薬容量+25%のカードは二つ合わせても15と消費するポイントが少ないうえに、

初期の段階ではデッキに入れておいて全く損のないカードなので、

獲得できるようであればすぐに獲得してデッキに組み込むと良いでしょう。

最後のヘビーアタックは物資ポイント100必要なのでいくつか追加でステージをクリアする必要があるかも知れません。

「ショッピングモール」の供給ラインがすべて完了するとさらに3つの新たな供給ラインが追加されます。

ここからどのカードをアンロックすべきか少し迷い始めますが、

最終的にはすべて獲得することになるのであまり悩まずに直感的にアンロックしてデッキに組み込んでしまった方がいいです。

この時点ではまだビルドと呼べるほどカードがそろわないので、

上から順番にアンロックできるだけアンロックしてしまってもいいです。

ただ、下から順番にアンロックするのはおすすめしません。

一番上にある「ポールの路地裏」には攻撃に関するカードが多く含まれています。

B4Bは守りを固めるよりも、がんがんリドゥンを倒してダメージを受けないようにした方が

結果的に生き残る可能性が上がるので、

さきに攻撃を強化することをおすすめします。

とはいえ、好きなものからとっていっても大きな問題にはならないと思います。

ここで悩む時間をキャンペーンをクリアする時間にした方が効率はいいです。

ひとつ注意なのが供給ラインにはカード以外にもスプレーや武器スキン、

クリーナースキンなども置いてあります。

最終的にはすべてアンロックしないと次の供給ラインもアンロックされないのですが、

物資ポイントがカツカツの場合はカードを優先的に獲得していった方がデッキが強化されるのでオススメです。

デッキについて

次にデッキについてです。

デッキの1番目にセットされているカードはスターターカードとなり、必ず獲得した状態からゲームが開始されます。

この1番目に必ず持っておきたいカードをセットしておくことで戦闘を有利に進めることが可能です。

個人的なオススメなのはコンバットナイフです。

リドゥンを押しのける方法として「殴打」があります。

「殴打」はリロード中にリドゥンに近づかれたときになどに使用します。

コンバットナイフは、この殴打の攻撃力を強化し、通常のリドゥンであれば一撃で倒すことができるようになる強力なカードです。

コンバットナイフを装備していれば、頭でなくとも通常リドゥンは一撃で倒せます。頑張れば特殊感染者も倒すことが可能です。

大量のリドゥンに囲まれたときや、不意打ちで後ろから来たリドゥンの処理にも有効です。

ただし、スタミナを消費するので使い過ぎには注意してください。

また、デッキの2番目から6番目にセットされたカードの中から1枚を選んでゲームを始めることができるので、

使いたいカードを上の方にセットしておくと良いでしょう。

ちなみにゲーム開始時に何枚カードを引けるかは、どのステージから始めたかによって変わります。

B4Bは全滅すると物資ポイントを獲得することができません。

全滅の可能性を少しでも下げるために有効なカード選びは重要になります。

チュートリアルのスキップ

最後にチュートリアルのスキップについてですが、

チュートリアルはスキップしていいです。

というのも、チュートリアルはあとから再度行うことができるのと、

チュートリアルと呼ばれてますが内容はソロキャンペーンと同じものだと思われます。

チュートリアルスキップについてはセーブデータを消さないと再度検証できないので自分で確かめていないのですが、

総合的な情報からおそらくスキップしてもなんら問題ないと考えています。

スキップすると何がいいのかというと、すぐにマルチプレイが可能なので

ACT1-1からマルチプレイで物資ポイントを稼ぎつつ、ステージをアンロックしつつ、

1-4をクリアすればそのままクリーナーもアンロックされるので余計な遠回りをしなくて済みます。

【PS4】バック・フォー・ブラッド
【PS5】バック・フォー・ブラッド
ABOUT ME
やざわ
ゲーム歴29年。 どちらかと言えば現実よりゲームの中にいる時間の方が長い。 常に楽しいゲームを模索している。 朝型で昼寝と散歩が好き。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA